【ブラック・ユニクロ】《文春砲》潜入バイトでブラックを暴く:横田増生

ユニクロ帝国の光と影

【画像出典:痛いニュース】ユニクロ帝国の光と影

こにゃにゃちは、

今回は、ユニクロの闇を暴きます!

常日頃から言われている

「ユニクロはブラックだ」

という事を、

冒頭の写真でも紹介していますが、

横田増生さんが、事実を暴いています。

この内容は12月1日発売の

週刊文春に掲載されている。

スポンサーリンク

内容

冒頭の「ユニクロ帝国の光と影」を発表後

ユニクロが、長時間労働や過酷な委託などの

記載にたいし、2億2千万円の損害賠償を

求めて、提訴をしたそうだ。

ファーストリテイリング社長兼会長の柳井氏

ファーストリテイリング社長兼会長の柳井氏 Photo:Kyodo

しかし、東京地裁、東京高裁、

最高裁いずれもユニクロは敗訴した。

そこで、柳井氏はプレジデントにて

<悪口を言っているのは僕と会ったことがない人がほとんど。会社見学をしてもらって、あるいは社員やアルバイトとしてうちの会社で働いてもらって、どういう企業なのかをぜひ体験してもらいたいですね>

(「プレジデント」2015年3月2日号)

と、取材に答えたそうだ。

行動の早い横田氏

そこで、横田氏は思ったそうだ。

「改名して、ユニクロで働いたろ」

と・・・。

実際横田氏は、

2015年10月から、

アルバイトとして勤務開始!

現在は、新宿の「ビックロ」で

勤務をしているという。

という事で、本日発売の

文春砲が炸裂したら、

横田氏の勤務がどうなるのかが

疑問である。

内部事情を公開したことによる

懲戒解雇もありえるかもしれない。

横田氏は全部で、3店舗での勤務

総計800時間を越える勤務を経験し、

柳井氏の「働いてみるといい」に

真っ向勝負を挑む。

サービス残業や、人手不足に加え

創業感謝祭(11月23日~29日)の

壮絶な勤務実体を暴露するという。

横田増生プロフィール

横田増生

横田増生(よこた・ますお)

1965年福岡県生まれ。関西学院大学卒。予備校講師を経て、アメリカ・アイオワ大学ジャーナリズム学部で修士号を取得。93年に帰国後、物流業界紙『輸送経済』の記者、編集長を務める。99年よりフリーランスとして活躍。著書に『アメリカ「対日感情」紀行』(情報センター出版局)、『潜入ルポ
アマゾン・ドット・コム』(朝日文庫)、『フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由』(洋泉社)、『ユニクロ帝国の光と影』(文春文庫)、『中学受験』(岩波新書)など。この6月に『評伝
ナンシー関』(朝日文庫)を刊行。

引用:10over9

まとめ

ファーストリテイリング社長の

柳井氏は、本当に働くとか

思ってなかったんでしょうね。

お偉方に良くありそうな発言で、

正直思慮深くないですよね。

とりあえず、本日発売の

週刊文春の記事の公開を

待ってみて、

また新たな事実がありましたら、

速報としてお届けいたします。

それでは、最後までお読み頂き

毎度、ありがとうございます!





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。