一覧

【テロ】バルセロナで大量轢殺テロ事件 死亡者13名に

バルセロナの人気スポットであるランブラス通りで白いライトバンが普段、歩行者しか使えない中央部に乗り、600メートルぐらいに亘って数十人を轢いて、走行の末にキオスクと衝突した。

記事を読む

【やっちゃえ日産】新型リーフ画像流出(ブルーミアータ:ブログもあるよ)

シルエットしか公開していない日産の新型リーフの画像を社員?が撮影して、ツイッターにアップwまさにバカッターですね。まず、日産に勤めている友人に確認をとりました。友「工場内は撮影禁止だよ」だそうでございます。まぁ、普通はそうだろうね。この社員さん?ブルーミアータさんは情報によると30代の方という情報があります。

記事を読む

【高齢ドライバー】75歳になったら免許は返納するべき?事故事例などを紹介!

通常「運転業務」に関しては運転経験が長くなるにつれ運転技術は向上するものである。ここに落とし穴があり老齢と供に、認識能力が著しく低下するのである。視力の低下である。ある日突然視力が落ちるのではなく徐々に目が悪くなり視力検査をするとすごく視力が落ちているという事が多い。記憶力、運動神経、動体視力全て老齢と供に衰えてくる

記事を読む

【埼玉】「ネットでも有名」通行止め突破、オフロードバイク…死亡も【2/2】

今年5月、都内の50代男性が同市下名栗の森林管理道(林道)大名栗線をバイクで走行中、 誤って約100メートルの崖下に転落、○亡した。 全長約21・7キロの大名栗線は落石の危険があるため、全線通行止めとなっていた。 男性は整地されていない土や砂の上でも走行できるオフロードバイクに乗っていた。

記事を読む

【埼玉】「ネットでも有名」通行止め突破、オフロードバイク…死亡も【1/2】

本格的な夏の行楽シーズンを迎え、飯能市の山間部で道路を管理する行政、警察が頭を悩ませている。 通行止めを突破し、林道を走るオフロードバイクが後を絶たず、有効な手立てが打てないためだ。 市内の国道299号の峠道を猛スピードで走る「ローリング族」とともに、もう一つの交通課題への対応に苦慮している。

記事を読む

《動画あり》箱根駅伝2017:選手と車両が接触事故寸前?危ない瞬間!

2017年の箱根駅伝にて、選手と車が接触しそうになるアクシデントがありました。選手は中神恒也選手で、神奈川大学4年生の10区を担当した選手である。場所は、東京の日比谷交差点にて、交通規制されているはずが、誘導員の手違いか、選手が走っている目の前を車が通過するというアクシデントが起きた。まずは、動画をご覧ください。

記事を読む

【画像あり】ナインティナインの岡村が事故!場所と車種を特定?相手は高齢者!

出てきている情報を詳しく調べますと、東京都港区高輪2の丁字路交差点右折しようとしたところ横断歩道を渡っていた男性と接触したという事で、T字路で右折、横断歩道という事を考慮し、抜け道を使ったという事が想像できます。で、本当に推察になりますが、上記情報に一致すると思われる交差点がコチラです。東京都港区三田4丁目19−27

記事を読む

【佐川急便】動画あり!荷物を投げる蹴る。そして、住所も特定されてしまった!

なんと、佐川急便のお兄さんが何に切れたかは分かりませんが、荷物を殴る蹴るしていた証拠動画がアップされてしまいました。まずは、その動画をごらん頂きたいと思う。今後、年末年始と休まずに配達をしてくれるドライバーさん達には、感謝ですが、やってはいけないことと不可抗力を履き違えないで下さい。そして、読者の皆さんにお願いがありま

記事を読む

佐川急便身代わり出頭50人超え!配送業の闇は深い!

今回の身代わり出頭に関しては、免停や免取りになった場合、乗務が出来なくなるリスクがあるので、苦肉の策として、社員同士が出頭し合ってたのではなかろうか。これは、佐川急便に限ったことでは無いかと思う。乗務が出来ない社員が増えると、各ドライバーの負担が増える。しかも、商業ドライバーの運行時間は、労働基準法で定められている

記事を読む

当て逃げ!誘導尋問?ノンスタイル井上がタクシーに接触後逃走なのか?

供述は誘導尋問?事故の内容を本人に告知する前に、このようなやり取りがあるのは、いかがなものだろうか?接触事故について、否定をさせない手法だ。人間は、初めに肯定の返答をさせると、その後の質問にたいして、肯定をしてしまう。これは、心理学でも立証されており、営業マンは「yesを取る方法」として、広く浸透している。

記事を読む