【義父の精子】20年間で173人産ませた!長野県下諏訪町

スポンサーリンク
赤ちゃん 生活
人気記事





人気記事





スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃん

 

夫婦以外の遺伝子(精子・卵子)を使い

体外受精でたくさんの子どもが生まれている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

173人の赤ちゃんが生まれた。

 

夫の父親(義父)の精子提供を受けた、

夫婦114組から、なんと173人の

子供が誕生していることが分かった。
実施したのは、諏訪マタニティークリニック

(長野県下諏訪町、根津八紘(やひろ)院長)

 

 

婚姻者以外の遺伝子(卵子や精子)を使った

体外受精の実施を国内で初めて公表したクリニックだ。
1996年11月から今年7月末まで、

夫が無精子症の夫婦160組が、

 

 

夫の実父(義父)の精子と

妻の卵子で体外受精を行い、

 

 

142組が妊娠し、114組が実際に出産。

2014年7月の発表では、

 

 

13年末で、夫婦79組から

計118人が誕生したと発表していたが、

 

 

今回の発表では、2年半で

約1.5倍に増えた。

 

 

筆者の感想

倫理的にどうなんでしょうか?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。