【ホンダ・リコール】メッチャ台数多い!!2016年一覧

スポンサーリンク
ホンダ 時事
ホンダ
人気記事





人気記事





スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホンダ

2016/9/8

フィット・フィット シャトル
フリード スパイク・インサイト
インサイト エクスクルーシブ
シビック・シビック ハイブリッド
エリシオン・エリシオン プレステージ
CR-V・アコード・アコード ツアラー
インスパイア・レジェンド
FCXクラリティ

リコール計:668,816台(16車種)

 

2016/6/9

オデッセイ・フィット・エリシオンプレステージ
エリシオン・インサイト・フリード
シビック・シビック ハイブリッド
レジェンド・インスパイア・CR-V
アコード・アコード ツアラー
FCXクラリティ・MDX

リコール計:783,422台(15車種)

 

2時期合計:1,452,914台

 

エアバッグ装置(インフレーター)の不具合

 

環境温度および湿度変化の

繰り返しによりガス発生剤が劣化

 

インフレ-ター内圧が異常上昇して、

インフレーター容器が破損するおそれ。

 

2016/4/7

ライフ・アクティ

リコール計:143,137台

 

エアバッグ装置(インフレーター)の不具合

 

ガス発生剤を燃焼させる

伝火薬が不適切なため、

衝突時にガス発生剤が燃焼しないものがある。

 

エアバッグが正常に展開しないおそれ。
2016/4/4

フィット

リコール計:118,715台

 

かじ取り装置の不具合

 

電動パワーステアリング制御コンピューターの

EPSアシスト停止電圧設定が不適切。

 

バッテリー電圧がEPSアシスト停止電圧以下に

なることがあり。パワーステアリングの

 

アシスト機能が停止し、急にハンドルの操作力が

増大するおそれがあり。
2016/4/4

フィット

リコール計:164,388台

 

電気装置(昇降圧充放電コンバーター)の不具合

 

アイドリングストップシステムにおいて、

昇降圧充放電コンバーター内部素子の

 

過電流保護が不十分なため、

内部素子が損傷することがあります。

 

使用を続けると発熱し、

発煙・発熱し、最悪の場合、

火災に至るおそれがあり。
2016/2/5

フィット・フィット シャトル
FIT EV・シビック・シビック ハイブリッド
エディックス・インサイト
インサイトエクスクルーシブ・レジェンド
ストリーム・ゼスト スパーク・ゼスト
FCX クラリティ

リコール計:442,997台

 

エアバッグ装置(インフレーター)の不具合

 

原因は判明していませんが、

エアバッグ展開時にインフレーター容器が

破損するおそれがある。

 

全車両、予防的措置として、

当該インフレーターを交換します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

いや、ホンダすげぇw

リコール合計台数

 

2,322,151台

 

200万台オーバーのリコール

 

これは、販売台数などの

数値などを含め、「割合」で

 

求めないと、おかしなことになりますが、

 

とにかく、この数字は

すげぇ

 

の一言です。

 

【4社比較】リコールの特徴

【スバル】リコール一覧2016

【トヨタ】リコール一覧2016

【日産】リコール一覧2016

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。