《動画入手》【5歳男の子死亡】事故後も学祭を続け打ち上げ花火《日本工業大学》

こにゃにゃちは、

痛ましい事故・・というか

これは、殺人じゃないでしょうか?

《続報》教員やメンバーの名前がわかりました!

《続報》【画像】反省なしの主催者、5歳児が焼死した木製ジャングルジム問題!

概要

TOKYO DESIGN WEEK 東京デザインウィークにて

日本工業大学の新建築デザイン研究会が

製作した展示物、素の家が炎上し、

5歳の男の子が焼死しました。

場所は明治神宮外苑のイベント会場だ。

これが、製作した素の家です。

素の家

【画像出典:urashimatrend.com】素の家

素の家

【画像出典:urashimatrend.com】素の家

スポンサーリンク

第1速報

明治神宮外苑のイベント会場で展示物焼く火事 5歳の男の子死亡
フジテレビ系(FNN) 11/7(月) 0:38配信

東京・新宿区の明治神宮外苑のイベント会場で、6日夕方、ジャングルジムの形をした展示物が焼ける火事があり、中で遊んでいた5歳の男の子が死亡し、助けようとした父親ら2人がやけどを負った。
午後5時20分ごろ、新宿区霞ケ丘町の明治神宮外苑で開かれていたイベント「東京デザインウィーク2016」の会場で、ジャングルジムの形をした木製の展示物が燃えた。
警視庁によると、中で遊んでいた東京・港区の幼稚園児・佐伯健仁ちゃん(5)が死亡、助け出そうとした44歳の父親と、別の男性(40代)がやけどを負った。
目撃者は、「火が燃え上がっている時に、親らしき人が『中に子どもがいる』と何度も連呼していて」、「(消火した時、父親は?)崩れ落ちる感じだった。地面にひざつけて」などと話した。
この展示物は、埼玉県にある日本工業大学の学生グループが制作したものだった。
日本工業大学の成田健一学長は「本学の学生が制作・出展したアート作品で、このような事故が起きましたこと、大学として、深くおわび申し上げます。大変申し訳ありませんでした」と述べた。
展示物の中には、木くずが取りつけられ、ライトで照らされていて、警視庁は、この木くずから火が出た可能性があるとみて調べている。

引用:FNN

第2報

白熱電球が出火原因か イベントで火災5歳児死亡
テレビ朝日系(ANN) 11/7(月) 10:32配信
東京・新宿区のイベント会場で展示物の木造のジャングルジムが燃えて5歳の男の子が死亡した事故で、照明器具として白熱電球が使用されていたことが新たに分かりました。

6日午後5時15分ごろ、新宿区の明治神宮外苑で開かれていたイベントで木製のジャングルジムが焼け、東京・港区の佐伯健仁ちゃんが死亡したほか、父親(44)ら2人もけがをしました。ジャングルジムの内部にはおがくずが詰められていて、上部からつるされたLED電球で照らされていました。その後の警視庁などへの取材で、当時、LED電球の他に白熱電球も使用されていたことが分かりました。この白熱電球の燃え方が激しかったことから、出火原因とみられるということです。警視庁は7日朝から現場検証を行い、業務上過失致死傷の疑いもあるとみて調べています。

引用:テレ朝ニュース

考察

先にごらん頂いた通り、

子供が喜んで入って行きそうな作りです。

いまは、それだけでも憤りを感じますね。

第2報に記載の通り、「白熱球」が出火原因。

これで、火事になることが想像できない

大学生・・・だけではなく、

日本工業大学の教授達、ひいては、

東京デザインウィークの主催者も、

おかしい大人であると思う。

この事件(事故ではない)は、

製作した人間も、相応の

報いをしなくてはいけないと思う。

そして、日本工業大学の存続も

議論するべきではなかろうか?

こんなにも簡単なことが分からない人間が

勉学を教え、学び、家を建てる訳である。

家を建ててはダメなレベルの大学なのではと、

私は感じるのである。

実際、この記事をかくに当って、

色々調べてみた。

興味がある方は調べてみるといいだろう。

何でそうなる?

色々調べてみると、

この事件の後でも、

日本工業大学では、

「学園祭を続けていた」

そうである。

人ひとり、しかも父親の前で

息子を焼死させておきながら、

学園祭を続けただけでなく、

「打ち上げ花火」

をして、成功を祝ったそうだ。

おい、

ちょっと待て

お前らそれでも人間か?

生きたまま火葬してるようなもんだぞ!

さらに、とんでもない事実!

火災を周知せずイベント続行

今回のイベント会場では、午後5時20分ごろに火災が起きたあとも、午後9時の閉場時間まで3時間半余りにわたってイベントが続けられ、来場者に火災の発生を知らせるアナウンスもありませんでした。午後6時すぎの時点でも、火災が起きた作品の周囲では、大きな音量で音楽が流れていたほか、別の作品のライトアップや展示が続けられていました。

来場者の中には、火災が起きたあとの午後6時ごろに入場したという人がいたほか、火災についての場内アナウンスはなかったとか、火事のことを知らなかったといった声も聞かれました。

イベントを主催した会社は「火災のあと、入場はストップしたが、入場済の人には警察に了解をもらったうえで展示を見てもらった。消火作業は終わっており、現場にはフェンスも張っていた。混乱を招くおそれがあるため、アナウンスはしなかった」と話しています。

引用:NHKニュースWEB

そして、謝罪会見

日本工業大学謝罪会見

【画像出典:毎日新聞】日本工業大学謝罪会見

パーカーって何だよ!!

おい、服が無いじゃないんだよ。

普通の感性なら、近くで買って

着替えて会見だろうが。

そして、学生も出席するべきである。

将来がある若者とは言うが、

もっと将来のある子を

殺してしまっているのだから。

謝罪をするのは、当たり前だろう。

悪いことをしたら、

まずは謝る事からはじめるのは

幼稚園でも習うことではないのか?

《続報》教員やメンバーの名前がわかりました!

まとめ

今回の記事作成にあたり、

多くの画像を取得いたしました。

併せて、事件リアルタイムの

動画も入手いたしました。

しかし、ほとんど使えませんでした。

なぜなら、

燃えているジャングルジムの中で

男の子が苦しんでいる声が聞こえそうだからだ。

ご冥福をお祈りいたします。

閲覧要注意

動画はこちら

こちらになります。

ご意見、ご感想は

サイドバー

または

ページ最下部にある

「問い合わせフォーム」

から、お願いいたします。