【日本工業大学】《名前》教員や研究会メンバー!教員「勉強したことがない」

こにゃにゃちは、

昨日お知らせした事故に関して、

日本工業大学の新建築デザイン研究会

調べてみましたので、ご報告いたします。

《関連記事》【5歳男の子死亡】事故後も学祭を続け打ち上げ花火《日本工業大学》

《続報》【画像】反省なしの主催者、5歳児が焼死した木製ジャングルジム問題!

日本工業大学 新建築デザイン研究会

日本工業大学

【画像出典:TOKYO DESIGN WEEK2016】日本工業大学

担当教員:高栞広太郎

会長:木村拓登

まぁ、メンバーについても

言いたいことはたくさんありますが、

主に指揮をとっている、

この2名が最大の問題かと思われます。

スポンサーリンク

担当教員:高栞広太郎

高栞広太郎

【画像出典:日本工業大学HP】高栞広太郎

建築学科・助手

昭和54年12月生まれ、博士(工学)
平成25年3月 日本工業大学大学院工学研究科博士後期課程建築学専攻修了
趣味:自転車
研究テーマ

現代日本における建築と土木構築物の混在による都市空間の構成形式に関する研究
<アウトサイダー・アーキテクチャー>における建築表現に関する研究

引用:日本工業大学HP

この方のプロフィール欄に

目を疑う表記がありました。

メッセージ

あまり人に自慢できる話ではありませんが…私は大学に入学してから、机に向かってノートにペンを走らせる、いわゆる「勉強」をした記憶がありません。図書館で建築の本を一日中眺めたり、製図室で夜遅くまで図面や模型をつくったり、研究室で先輩や友人たちと建築談義に花を咲かせたり(お酒をのみながら)、長い休暇期間にはたくさんの建築旅行に出かけました。これは「勉強」というより、大学生活での「日常」のようなもので、とりわけ建築設計という分野において、大変貴重な経験となります。みなさんも、こうした大学生活を通して「ケンチク」を学んでみませんか?

引用:日本工業大学HP

「勉強」をした記憶がありません。って

学生の本分はしなくて結構という事ですね。

まぁ、この方が勉強しなくても、

知識が付いてくるという体質なら

問題ないのですが、

多くの学生にとっては、勉強は必須だと

思いますが・・・・

うーん、多分この教員が教えてるのは、

建築ではなく、自己欲求の満足だと思う。

建築士の方に言わせてみたら、

建築でもデザインでもなく、

自己満足だろうと言いそうですね。

しかし、こういう事を書いてしまう

本人もそうですけど、

大学側はどう考えているのでしょうか?

「日本工業大学は、入学して金さえ払えば

全員に学士を与える学校ですよ」

と、宣伝しているようなものです。

教員しかり、大学もこのレベルです。

新建築デザイン研究会 会長:木村拓登

研究会年間スケジュール

年間活動

  • 4月 新入生勧誘活動
  • 5月 新入生歓迎コンパ
  • 8月 コンペティションへの参加、夏祭りワークショップ
  • 9月 建築見学
  • 10月 竹アートへの参加
  • 11月 模型製作
  • 2月 学内コンペティションへの参加
  • 3月 建築見学旅行

会長の木村拓登氏は、

埼玉県立春日部工業高等学校在学中、

「第27回日本工業大学建築設計競技」に

入賞するほど優秀な学生だった人物だった。

だが、優秀であっても

こんな失態をしてしまっては、

元も子もないのではないのだろうか。

後出しじゃんけんになってしまうが、

「おがくずの中でライトつけたら燃える」

こんなことは、誰でもわかるのではないか?

ただ、父親や見学者は、

照明にLEDが使われていることを

信じ切っていただろう。

私にも、小さい子供が居る。

この事件以降、いつでも

手が触れる所で、遊ばせないと

不安でしょうがなくなる。

まとめ

現在、この事件に関しては、

業務上過失致死にて、

捜査がされているそうです。

不意にも、加害側にたってしまった方は

辛いかもしれませんが、

正直に全て話し、

それ相応の報いを受けてください。

亡くなった佐伯健仁くんのご冥福を

お祈り申し上げます。

いつも、最後までお読み頂き、

毎度ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。