【速報】アスカのブログに一貫性がある!警察が怖くなってきた!

ASKAブログ

ASKAブログ

続報をお伝えいたします。

20日午後に、ASKA氏のブログが更新されたので、

速報としてお伝えいたします。

過去記事

疑問だらけ!ASKA不起訴?お茶で陽性?なぜ釈放?ブログ更新!

【覚せい剤】《逮捕!陽性反応》ASKAの逮捕状を請求!どっちなんだよ!

【誤報?】ASKA逮捕されないの?えっ?誤報・フライング?《覚せい剤》

更新記事

2016-12-20

ずっと考えていました。

みなさんが、今回の事件をどのような思いで見つめているのかを。

そして、絶えず思い繰り返していることがありました。

これで、有罪になるようなことがあれば、

この国は異常だと。

なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?

これは、2014年に逮捕された時からの経緯が含まれています。

当日、瞬く間に警察が9人家にやって来ました。

被害を訴えて警察に連絡したはずでした。

「appleのアカウントが、一週間で2回も書き換えられてしまいました。何度も、このような目に遭ってきました。もう、我慢ができません。

警察のサイバー課の方を紹介してください。」

喋ったのは、わずかこれだけです。

警察は、

「わけのわからないことを言っている人がいる。」

僕の名前を、確認すると、

麻薬などを専門に扱う「組隊五課」に、連絡をしたのです。

これが、今回の出来事の始まりでした。

対応した警察官が、

「apple」「アカウント」「書き換え」

こんなことも知らないのですから。

いや、そのくらいは理解できたのかもしれませんが、

「わけのわからないことを言っている。」

人権問題です。

「組隊五課が、到着しますから。」

「組隊五課?」

麻薬などを専門に扱う部署です。

「検尿を求められるだろう。」

メヂィアに、

「ASKAが、意味不明なことを言っているので、検尿をした。」

発表しかねません。

それだけでも、大きな記事になるでしょう。

目の前にお茶がありました。

仕事部屋に置いてあったスポイトを思い出しました。

「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかったときには、素直に検尿に応じればいい。」

間も無く「組隊五課」が、やって参りました。

「これは、もう何をやっても事件にしようとするだろう。」

「ASKAさん、尿検査をさせてください!」

これは、僕の斜めからの思考だと思ってください。

ちょっと、意地悪な回路をくぐり抜けたのがしれません。

「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう。」

あまり詳しいことは書けませんが、

3日目には、陽性となりました。

ありえません。

この経緯に関しては、もう少し語らなくてはならなくてはならないことがあります。

近いうちに、

詳細をお伝えさせてください。

ASKA

aska_burnishstone 22分前

引用:ASKA氏ブログ

ASKAは潔白なのではないか?

ぶっちゃけた話なのですが、

ASKA氏は潔白だと思い始めています。

なぜなら、言っている事に一貫性があるからである。

逮捕前のブログ更新では、

「詳しいことは言えないが陽性はない」

と言い切っている。

この、詳しい事というのが、

「お茶とすり替えた事実」なのではないか?

そして、今回のブログの更新にて、

その事実を公開している。

ただ、すり替えた事で、逆に陽性なのでは無いか?

という疑念を持たれる可能性もあったのだが、

ASKA氏は、警察との賭けに勝ったと言えるだろう。

警察の誤算?

ASKA氏の読み通り、警察は

「陽性」

を突きつけてきた。

お茶なのに?陽性ですか?

本当にお茶にすり替えていたとするならば、

この時点でASKA氏の勝ちが決定していた。

だから、余裕綽々のブログ更新だったのでは無いか?

話を戻すと、

警察の描いた地図はこうだ。

とりあえず陽性を出す。(でっち上げ

逮捕

尿を捨てたから再鑑定できない

有罪決定

はい、これが筋書きです。

ASKA氏は、この「尿を破棄する」という

事実を確認するまで、このネタを隠し続けて

耐えて来たということでしょう。

ぶっちゃけ、警察ってどうなのよ?

って思ってしまう事案ですよね。

まぁ、AKSA氏も警察も闇は深いのでしょう。

推察:アスカ氏の演技?

さて、ココからは私の推察になります。

アスカ氏は、演技をしているのでは無いのか?

という疑問が沸いて来る。

ぶっちゃけ、アスカ氏の言動や言い回しは、

電波系の心神喪失者な感じは否めませんが、

1回目の逮捕は、完全黒であったが、

警察の調査や聴取、尋問などに憤りを感じ、

警察をはめてやろうとしていたのではないのか?

そう考えると、

上記した「心神喪失者」は演技で、

継続して覚せい剤を使用しているふりをして、

罠に掛かった警察に、お茶を尿と偽り提出。

警察の裏の手を知っているアスカ氏は、

陽性が出たら、尿を破棄するところまで読んでいた。

勿論、お茶なので陽性は出ない。

出ないはずなのに陽性なので、警察は破棄する。

破棄した段階で、お茶だったと告白する。

これが、一連の筋書きではなかろうか?

まとめ

アスカ氏が覚せい剤を使用していた証拠は無し。

アスカ氏が覚せい剤を使用していなかった証拠も無し。

(仮にお茶だったとしたら)警察組織の腐敗。

警察 VS ASKA氏

この構図が成り立つ。

真相は、アスカ氏の脳内にしか無いので、

また、彼のブログの更新を待ってみたいと思う。

それでは、最後までお読み頂き

毎度、ありがとうございます!

スポンサーリンク

さらに続報!

アスカブログ

アスカブログ

13:15 さらに更新がありました。

続けてお伝えします。

2016-12-20

先ほどのエントリーを、読み直してみました。

あれでは、警察が一方的に悪者になってしまいますね。

失礼しました。

実は、陽性になったのには、ひとつの理由があるのです。

科捜研に間違いはないと思います。

ただ、まだ語ることなできない理由があります。

もう一度、書かせてください。

近いうちに、

詳細を語らせていただきます。

これだけは、言えます。

僕は無実です。

ASKA

引用:ASKA氏ブログ

おい、ちょっとまて?

ん?陽性に理由がる?

仮にだぞ、お茶に覚せい剤入れてたとしたら、

覚せい剤所持の証拠になるのだが・・・

続報を待つ!

過去記事

疑問だらけ!ASKA不起訴?お茶で陽性?なぜ釈放?ブログ更新!

【覚せい剤】《逮捕!陽性反応》ASKAの逮捕状を請求!どっちなんだよ!

【誤報?】ASKA逮捕されないの?えっ?誤報・フライング?《覚せい剤》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存