疑問だらけ!ASKA不起訴?お茶で陽性?なぜ釈放?ブログ更新!

ASKA不起訴へ

【画像出典:毎日新聞】ASKA不起訴へ

速報をお伝えいたします。

ASKAこと宮﨑重明さんが19日釈放されました。

続報》12/20 13:00

【速報】アスカのブログに一貫性がある!警察が怖くなってきた!

過去記事

【覚せい剤】《逮捕!陽性反応》ASKAの逮捕状を請求!どっちなんだよ!

【誤報?】ASKA逮捕されないの?えっ?誤報・フライング?《覚せい剤》

報道内容

東京地検は19日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)さん(58)を嫌疑不十分で不起訴処分とした。

ASKAさんは同日、釈放された。

地検は、ASKAさんが「尿」として任意提出した液体からは覚せい剤成分が検出されたが、液体が本人の尿と立証するのは困難だと説明した。

捜査関係者によると、ASKAさんは逮捕後、液体について「あらかじめ用意したお茶を尿の代わりに入れた」などと説明。液体が少量だったため再鑑定はできなかった。

採尿は、ASKAさんが「自宅内であれば応じる」と話したため、自宅トイレで実施。この際、警察官らが背後に立って確認したが、手元は見えなかったという。

ASKAさんは11月、東京都内などで覚せい剤を使ったとして、警視庁に逮捕されていた。

ASKAさんは午後7時10分ごろ、勾留されていた警視庁東京湾岸署を出た。グレーのジャケットと黒いズボン姿で正面玄関に現れ、大股で建物横の駐車場に移動。うつむきながら、報道陣の問い掛けには答えず、黒いワンボックス車の後部座席に乗り込み、すぐに署を後にした。

引用:時事通信

何故不起訴になったか?

まず、考えられる事としては、

陽性が出た前提で話をすると、

「本人の覚せい剤使用が立証できない」パターン。

体の中に覚せい剤成分があったとしても、

本人が使用した証拠が無いと立証できない。

寝ている間に、第3者によって覚せい剤を

投与されたと言い切られることもありうる。

決定的な証拠が出なければ起訴が出来ない。

日本の法律では「疑わしきは罰せず」ということだ。

そして、報道されている内容に注目すると。

採尿の現場を目視をしていない。

ASKAいわく、尿ではなく「お茶」だった。

上記の点で陽性と言われても、

ASKAが「無罪だ」と主張しても、不思議ではない。

警察を欺くのは罪に問われない?

ぶっちゃけた話、任意であっても、

警察をだます事は罪に問われないのであろうか?

警察「検尿しますので、尿の提出をお願いします。

ASKA「出ないなぁ。このお茶入れておこう」

ASKA「はい、おしっこです」

警察「はい、陽性ですので逮捕します」

これは、ASKAもヤバいでしょうし、

警察もダメだろう。

もう、世の中何にも信じられないですな、こりゃ。

ASKAブログ更新

ASKAブログ

ASKAブログ

釈放後、ASKAさんは早速ブログを更新した。

内容はこちら

2016-12-19

不起訴でした。

無罪です。

様々なことは、また、改めて書かせていただきます。

すべての行動には、理由があります。

いまは、それしかお伝えできません。

予定が、20日間もズレてしまいました。

こんなところで止まっているわけにはいきません。

やれることを、やらなくては。

みなさんを、最高のアルバムでお待ちします。

今日は、少し疲れてます。

おやすむね。

まだ、パソコンを返してもらっていないので、

初めてiPhoneからのエントリーです。

みなさん、信じてくれてありがとう。

ASKA

引用:ASKA公式ブログ

まだパソコンを返却されておらず、

まずは、iPhoneからの投稿とのことですね。

そして、現在ではコメントは「承認制」となっており、

ASKAさんが承認しなければ公開されない設定になっています。

※追記

承認制にしたのは、はてなブログ運営者が一時的な措置を取っているそうです

それにしても、「ギフハフ」とはどんな機関なんでしょうね?

ASKAを監視・盗聴・盗撮してどんなメリットがあるのでしょうか?

様々な問題?

さて、今回のASKAさんの報道について、

数々の問題が発生することは明確である。

まずは、各社報道機関である。

タクシーの動画を公開した報道機関。

名誉棄損をした報道機関。

ASKAさんのベンツのエンブレムをへし折った報道機関。

エンブレムをへし折る

【画像出典:日刊ゲンダイ】エンブレムをへし折る

スポンサーリンク

まとめ

今回のこの不起訴に関しては、

様々なミスがあったことは間違いないですね。

そして、ASKAさんの精神状態が「普通」ではないことは

ブログの記事や、過去の報道にて見て取れる。

警察も、採尿時に後ろから見ていたにもかかわらず、

手元を直接確認していないという杜撰さ。

尿と偽って、お茶を提出したASKAさん。

もうね、騙しあいですよ。

そして、マスコミの過剰な報道なども

今回の事件に拍車をかけているのではないでしょうか。

それでは、最後までお読みいただき

毎度、ありがとうございます!

続報》12/20 13:00

【速報】アスカのブログに一貫性がある!警察が怖くなってきた!

過去記事

【覚せい剤】《逮捕!陽性反応》ASKAの逮捕状を請求!どっちなんだよ!

【誤報?】ASKA逮捕されないの?えっ?誤報・フライング?《覚せい剤》

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。