【東日本大震災から7年】米軍の「トモダチ作戦」は終戦直後にも行われていた!【ザ・ファクト×ロバート・エルドリッヂ氏対談】

スポンサーリンク
動画
人気記事





人気記事





スポンサーリンク
スポンサーリンク

2011年3月11日、東日本大震災。
このとき、米軍による大規模な復興支援活動「トモダチ作戦」により、多くの被災者が救われた。
ここから遡ること65年前。
戦後間もない1946年12月に紀伊半島沖で発生した「昭和南海地震」でも、アメリカが災害支援を行っていたという。

この災害支援に関して昨年、元在沖縄海兵隊幹部で、「トモダチ作戦」を立案したロバート・エルドリッヂ氏が論文を発表。
今回、ザ・ファクトがインタビューを行った。

東日本大震災の一日前に、日本政府に対し
米軍の災害協力に関し提言を行っていたエルドリッヂ氏が
日本の防災のあり方を語ります。

【出演】
里村英一(幸福の科学広報局)
ロバート・エルドリッヂ(元在沖縄米軍海兵隊政務外交部次長)

こちらも読まれています!
動画報道されない事実
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。