「石木ダムは造らせない」〜抵抗の半世紀を生きて〜 デモタイ取材旅

スポンサーリンク
デモクラシー
スポンサーリンク

ニュースの現場を歩く「デモタイ取材旅」シリーズ。
今回は、長崎県川棚町の石木ダム建設予定地を訪ねました。
ここでは約半世紀前に始まったダム計画に対して、地元川原(こうばる)地区の住民による親子二代にわたる反対運動が続いています。
水不足解消と治水を目的として始まったダム建設計画は、社会構造の変化とともに水需要は減少し、当初の目的からかけ離れたものになっています。
治水についても、川棚川の支流である石木川をせき止めても効果は限定的です。
蛍の里を水の底に沈めてまでダムを造る意味がないとして、川原地区の13戸の住民は、毎日工事現場で座り込みを続けてきました。
全国でも稀な長期の抵抗が続く現場です。川原地区住民の故郷を守る意志は固く、ダム建設の見通しは立っていません。

【YouTubeチャンネルと併せて、こちらもぜひ登録/フォローお願いします】
Facebook: https://www.facebook.com/dtimes17
twitter: https://twitter.com/dtimes17
note: https://note.com/democracytimes
メルマガ: https://www.mag2.com/m/0001687521

こちらも読まれています!
デモクラシー 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました