ファーストリテイリング取引工場で火災 ミャンマー(2021年3月16日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

軍のクーデター以降、緊迫した状況が続くミャンマーで「ユニクロ」を展開する「ファーストリテイリング」の取引先工場が火災にあったことが分かりました。

 ユニクロや「ジーユー」を展開するファーストリテイリングはミャンマーの最大都市ヤンゴンにある取引先の2つの縫製工場で14日夜、火災があったと明らかにしました。

 当時、工場は操業しておらず、けが人はいないということです。

 この地域では14日夜、複数の中国系の工場が何者かに襲撃され、一部では放火によるものとみられる火災が発生しています。

 ミャンマーにあるファーストリテイリングの取引先のうち戒厳令が出ている地域の5つの工場は現在、操業を停止しています。

 軍によるクーデター以降、一連の混乱で生産、物流の一部で遅延が生じているということです。

▲このニュースはテレビ朝日が開発した「AIxCGアナウンサー 花里ゆいな」がお届けしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました