米中外交トップ会談前に・・・北京市民からは強硬意見も(2021年3月17日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

バイデン政権で初となるアメリカと中国の外交トップ会談を18日に控え、中国メディアが「関係改善」に期待すると伝える一方で、北京市民からは強硬な意見が多く聞かれました。

 中国共産党系の環球時報は16日、「今回の会談が米中関係の新たな出発点になる可能性が高い」と報じました。

 また、国営の中国中央テレビは専門家の話として、世界の課題について共通認識に達すれば「重要かつ前向きなメッセージを世界に発信することになる」と前向きな姿勢で伝えています。

 一方、北京市民からはアメリカに対して強気の対応を求める声が目立ちました。

 北京市民:「我々は強硬な態度を取るべきだ。中国は100年前の中国ではない」「相手が圧力を掛けてきても譲歩してはならない」

 会談は18日にアメリカアラスカ州のアンカレッジで行われ、アメリカからはブリンケン国務長官が、中国からは外交担当トップの楊潔チ政治局委員らが出席します。

 米中の外交トップが直接会って会談するのは、バイデン政権になって初めてです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました