コロナ感染の妊婦から生まれた子感染 母子感染か(2021年3月22日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

日本小児科学会は新型コロナウイルスに感染した妊婦から生まれた赤ちゃんに母子感染が疑われるケースがあったと発表しました。

 日本小児科学会によりますと、去年8月までに全国31の医療機関で新型コロナに感染した妊婦から52人の赤ちゃんが生まれました。

 そのうち、1人の赤ちゃんが出産直後のPCR検査で陽性になったということです。

 そのほか、51人の赤ちゃんは陰性でした。

 陽性となった赤ちゃんに新型コロナの症状はありませんでした。

 調査をした日本大学の森岡一朗主任教授は胎内で母子感染した疑いがあるとみています。

 新型コロナの母子感染は海外では複数、報告されていますが、国内では初めてとみられるということです。

 森岡教授は「母子感染の重症度は高くないと思われるが、日本でもゼロではないことが分かった。過度な心配は必要ないが、妊婦には通常の感染対策を心掛けてほしい」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました