パトカー追跡から逃走中に衝突か 運転手はどこに?(2021年3月26日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

26日未明、JR常磐線と乗用車が衝突し、車両の一部と車が激しく炎上しました。この車は、直前まで警察の追跡を受けていたとみられています。

 闇夜に響くサイレン。オレンジの炎が上がり、時折、爆発音も響きます。

 26日未明、茨城県土浦市のJR常磐線で起きた事故。普通電車と車が衝突しました。車はタイヤやバンパーが外れ、運転席は潰れています。電車は衝撃で脱線。乗客・乗員64人にけがはありませんでした。

 問題は車。乗っていた人物が誰なのか。そして今どこにいるのか、分からないというのです。

 これと関係があるのか。事故の直前、周辺ではテールランプを消したまま走る車両が見つかり、警察が追跡を始めていたといいます。

 場所は現場の西2.3キロの地点。この周辺から警察車両に追跡され、その先の交差点で警察の追跡は終わりますがその先、真っすぐと進み逃走車両が線路に突っ込んだとみられます。

 ここに電車が接近。車は約500メートル引きずられて止まりました。電車の運転士は50メートルほど手前でブレーキを掛けたものの間に合わなかったといいます。

 この時すでに運転手は車から離れていたのか。そうだとしたら今、どこに。

 事故で常磐線は土浦駅と羽鳥駅の間で運転を見合わせていましたが、午後6時ごろ全線で運転を再開する予定です。警察は車に乗っていた人物を探しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました