モデルナ製不足受け 企業、自治体向けの配分発表(2021年6月25日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 モデルナ製ワクチンの不足を受け、企業向けと自治体向けの配分を発表しました。

 “ワクチン接種担当”・河野大臣:「大学拠点接種と職域接種、合計で3300万回。自治体接種のモデルナの枠を1700万回とさせて頂いたので、その範囲内でそれぞれ、これから精査しながら対応して参りたい」

 モデルナのワクチンは9月末までに5000万回分が供給されます。

 申請がそれを上回ったため受け付けを停止することになりましたが、再開は見通せていません。

 河野大臣は自治体向けの不足については、ファイザー製で補う方向で検討していることも明らかにしました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました