「遠縁のゴーン被告に同情」逃亡支援テイラー被告(2021年6月29日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 「遠い親戚であるゴーン被告に同情した」などと述べました。

 日産の元会長、カルロス・ゴーン被告を国外に逃亡させた罪に問われているマイケル・テイラー被告(60)と息子のピーター被告(28)の被告人質問が東京地裁で行われました。

 犯行の動機について、マイケル被告は「私の妻の義理の妹がゴーン氏とはとこ同士で、彼女からゴーン氏を助けるよう懇願され同情した」と述べました。

 また「ゴーン氏から『日本で拷問を受けている』と聞いたが、自分を取り調べた検事は敬意を持って接してくれた」「深く後悔し、日本の司法制度にお詫び申し上げる」と話しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました