カンヌ国際映画祭 濱口竜介監督らに脚本賞(2021年7月18日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 世界三大映画祭の一つ、カンヌ映画祭の授賞式が開かれ、濱口竜介監督らが日本人として初めて脚本賞を受賞しました。

 カンヌ国際映画祭は17日に閉幕し、「ドライブ・マイ・カー」の濱口竜介監督と大江崇允さんが脚本賞に輝きました。

 この作品は村上春樹さん原作で、濱口監督自ら脚本を手掛けていました。

 濱口竜介監督:「村上春樹さんが書かれた『ドライブ・マイ・カー』という物語、特に登場人物の魅力というものを決して損なわないようにということを考えた」

 濱口監督はベルリン国際映画祭でも銀熊賞を受賞していて、世界三大映画祭で連続受賞となります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました