アキレス“20km歩けるパンプス”地震で売り上げ40倍(2021年10月14日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 先日の地震をきっかけにシューズメーカー「アキレス」が作った靴に注文殺到ということです。しかもパンプスなんだそうです。

 こちらが今、話題のアキレスのパンプスです。

 アキレスシューズ事業部・中西由佳理さん:「(売り上げが)約40倍に伸びまして、非常に驚いています」

 その名も“20km歩ける”パンプスです。

 7日に発生した最大震度5強の地震の翌日からメーカーにはこの靴への注文が殺到しているということです。

 靴が発売されたのは2013年。きっかけは、2011年の東日本大震災でした。

 当時、首都圏では電車が止まり多くの人が歩いて帰宅しました。

 アキレスシューズ事業部・中西由佳理さん:「弊社の女子社員が会社から家まで実際に20kmを歩いて帰ったが足を痛めてしまって、20km歩いてもそんなに足が痛くならないパンプスがないかなと」

 メーカーは20kmを歩く試験を行い、長時間履いても快適な履き心地を目指したそうです。

 その秘密はインソールにありました。3つのやわらかなクッションが足裏全面をサポート。歩く時の衝撃や負担を軽くしスニーカーのような履き心地のパンプスが実現しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました