福島原発で地震計の故障放置 13日のデータ記録なし(2021年2月22日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

福島第一原発3号機に設置されていた地震計2台が2つとも故障したまま放置されていたことが分かりました。最大震度6強を観測した13日の地震のデータも記録できていなかったということです。

 福島第一原発ではメルトダウンや水素爆発で大きな損傷を受けた施設が地震の揺れにどの程度、耐えられるかなどのデータを取るため、3号機の建屋の1階と最上階に地震計が2台置かれています。

 東京電力はこの地震計が去年、2台とも故障したものの、その後、修理も交換もされていなかったことを明らかにしました。

 このため、最大震度6強を観測した今月13日の地震のデータは記録できなかったということです。

 この事実は22日、原子力規制委員会の検討会合への報告で初めて明らかになりましたが、会合の出席者からは「貴重なデータが得られなかった」「東電は信用できない」といった厳しい意見が相次ぎました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました