北関東道の一部通行止め解除 タンクローリー横転で(2021年3月28日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

栃木県足利市の高速道路でガスを積んだタンクローリーが横転し、運転手の男性が死亡しました。現場ではガス漏れが確認されたため、約6時間にわたって通行止めとなりました。

 28日午前6時15分ごろ、足利市の北関東自動車道・足利インター付近で「タンクローリーが横転している」と110番通報がありました。

 警察によりますと、タンクローリーはコンクリートの壁に衝突して運転席部分が激しく壊れ、運転していた26歳の男性が死亡しました。

 このタンクローリーは埼玉県内から栃木市内にLPガスを運搬中でした。

 この事故でタンクローリーからガス漏れが確認されたため、北関東道の佐野田沼インターから足利インターの間で通行止めになりましたが、安全が確認されたため、東行きは午前11時30分に、西行きは午後0時10分に通行止めが解除されました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました