白エビやノドグロが!コロナ禍に進化する社員食堂(2021年6月25日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 「白エビ」「ノドグロ」などのお寿司に、スパイスの効いた「辛口カレー」。こうした料理が食べられるのは、コロナ禍で進化した意外な場所でした。

 「クレソンと牛肉のチンジャオロース」に「さんまのインド風スパイス焼き」。スパイスやハーブ押しのメニューばかり。ここは「エスビー食品」の社員食堂です。

 メニューには自社製品が使われていて、特にカレーにこだわりが。スーパーなどでも買える「カレーフレーク」を使用しています。オンライン会議などもできるようになり、コロナ禍に対応。

 一方、「東京・金沢まいもん寿司上野店」は、白エビにノドグロ、日本海の海の幸が・・・。

 回転ずしが社員食堂に早変わり。「びずめし」は、そもそも社員食堂がない企業や外回りやテレワークなどで社員食堂を利用しない社員に、企業がランチ代を補助するサービスです。

 企業側は上限金額を指定したり、チケット制にしたりできます。寿司だけでは足りない、と思って「のどぐろのあら汁」を急に追加してもOK、トッピングも会社負担に。

 今回テスト利用した企業「クロコ」。

 クロコ・星洋輔本部長:「(外回り)営業もしているので、場所を気にせず社食になるのですごくメリット」

 「街の飲食店が社食になることで、日本全国で働く社員に対して平等に福利厚生サービスが提供できる」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました