伊豆諸島北部に「線状降水帯」“警報級”大雨に警戒(2021年7月1日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 停滞している梅雨前線の影響で1日朝、伊豆諸島の北部に線状降水帯が発生しました。これにより、長時間にわたって激しい雨が降り続けました。さらに、夜にかけて再び警報級の大雨に警戒が必要です。

 伊豆半島の南端から50キロほど離れた神津島。先月30日夜から降り続く雨は211ミリに達します。これは7月の1カ月分を超える量です。

 この雨をもたらしたのが西日本から東日本の太平洋側に停滞した梅雨前線。

 今月1日午前7時ごろ、静岡県の下田市周辺では28.5ミリの雨を記録しました。

 市内を流れる稲生沢川などは水位が上昇。

 土砂災害の危険が高まり市内全域に避難指示が発令されました。

 伊豆諸島の新島では観測史上1位となる1時間あたり79.5ミリを記録しました。

 気象庁は午前9時前、伊豆諸島北部で「線状降水帯による非常に激しい雨が降り続いた」「命に危険が及ぶ土砂災害などの危険が急激に高まっている」として、顕著な大雨に関する情報を発表。これは先月29日の沖縄に続き2度目の発表です。

 梅雨前線は今月2日にかけても停滞します。

 関東から紀伊半島付近や沖縄県、奄美地方で強弱を繰り返し雨が降り続きます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました