“値上げ”“年金”“働き方”1日から変わったもの(2021年4月1日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

新年度の1日から変わったものが、たくさんあります。暮らし、制度、働き方の3つに分けてみていきます。

まずは暮らしです。“値上げの春”となっています。電気料金・ガス料金ともに値上げ、家庭向けの食用油も値上げとなります。また、外食企業では、ハンバーガーチェーン『モスバーガー』、うどんチェーン店『丸亀製麺』が値上げしました。これは、総額表示への変更に合わせての値上げです。『丸亀製麺』に関しては、新型コロナウイルスの感染対策や持ち帰り客への対応に、新たにスタッフを配置したために人件費が増加したことが背景にあるということです。

次に、制度です。年金の支給額が減額されます。現役世代の賃金水準に合わせて支給額を抑える新たな制度が適用されるためで、減額は4年ぶりです。また、パスポートに旧姓や別名を併記する要件が緩和されます。

そして、働き方です。70歳まで働ける機会の確保、定年の延長や再雇用制度の導入といった方法で70歳までの就業機会の確保を実現していくことが企業の努力義務になります。また、去年、大企業を対象に施行された同一労働同一賃金が中小企業にも適用されます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました